我思フ -AB型的思考回路-

I think, therefore, I am.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大国の復活2

先日の記事で、プーチンロシアの
大躍進への懸念を書いたけども、もう少し。

僕の見た番組で"ナーシ"という青年組織の存在を知りました。
(恥ずかしながら存じておりませんでした・・・。)
これはプーチン政権を崇拝、擁護する20歳以下の若者を
政府が援助する形で発足した組織。
政権与党(つまりプーチン)以外のあらゆる政治勢力を敵視し、
しばしば街頭にて政権擁護のデモなどを行っている。

政府が資金援助してロシア全土に支部を持ち、
日々メンバーが薄暗い部屋に集まって議論を交わし、
幹部に至っては例のガスプロムの株まで与えられる。
現在10万人近いメンバーを抱え、厳しい選考を経てメンバーに
なる者の中には、(政府が組織している部分があるため)将来の
政権幹部を狙う野心ある者も多いんじゃあなかろうか。

小中学校にメンバーが出向いて国のためにビジネスを興せ!と
(国に経済的利益を!)と促し、暗室でナームのPRビデオを見せる。
街頭デモでは「アメリカは我国を転覆させようとしている!」と叫ぶ。
軍服を着て(おもちゃの)銃を持ち赤ちゃんの人形を抱え、
軍に入隊を、国のために子供を生めと訴える。
(実際調べてみると、ナームでは飲酒喫煙は厳禁だけどSexは許可。
しかもコンドームの不使用を奨励→少子化対策)

・・・。

僕の印象は、気持ち悪い。。

この組織、スローガンは「ファシズムからの祖国防衛」なんだけど、
僕の目には「まるでネオナチだ」と写った。
隣にいたお袋も間髪入れず、「私もそう思った!」と言う始末。

過去の栄光と失敗に学んで、アメリカへの敵視なんて捨てて、
健全に成長して欲しいんだけれど、まるでネオナチ。

将来中国の近衛兵を繰り返すように、文化大革命のような惨劇を
引き起こしやしないかと心配でなりません。
(文化大革命は、池上彰著の"そうだったのか!現代史1"が
非常に分かり易くてお勧めです。)

まあマスコミや野党議員、市民にはこの組織のことを
「クレムリンの近衛兵」「政権のヒットラーユーゲント」
と揶揄するものもいて、国内にバランス感覚がちゃんと
残ってるのは救いだけども。

また、愛国心と政治への関心の高さは見習いたく、
羨ましくもあるね。

なんにせよ、目が離せないことが多過ぎますね、現代社会。


念のため、僕はアンチロシアでもなんでもありません。
(アンチアメリカな部分はありますが)
今まで知り合ったロシア人も素敵な方ばかりでしたよ。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/22(金) 01:27:00|
  2. ニュースニ思フ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snufkin78.blog77.fc2.com/tb.php/33-a378000c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。