我思フ -AB型的思考回路-

I think, therefore, I am.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国家の品格

今日仕事の面接でちょっと遠方に出かけたので、
買っただけでまだ読んで無かった本を、電車の中で読んでみた。

まだ読み終わってないんだけど、
ちょっと久々に"衝撃を受ける本"に出会えた気がして、
興奮したので、忘れないうちに書くことにした。

カナダで知り合った友達に以前薦められて、
帰国後に本を買い漁ってた時に思い出して買った本。

タイトルは、国家の品格

タイトルはお堅いけど、実際はくだけた表現に終始し、
ユーモアのある書き方をしてるので、一気に読めると思う。
簡単に概略を書くと、欧米が世界を席巻した(植民地化)時代から、
論理(理屈)、合理主義、資本主義の導入で、確かに近代化は
とてつもないスピードで進み、生活水準も上がった。
でもはたして、資本主義は極端に進んで果てしない格差を生み、
巨額の富を生むマネーゲームに、勤勉な企業や労働者は翻弄され、
社会や教育は荒廃した。下品と卑怯がまかり通る世の中になった。

論理的に物事を考えるはずの数学者の対場から、
論理の限界と不確かさを訴え、
本当に大事なものは論理では説明できないと説く。

例えば、殺人はいけないというが、殺人者を法の名の下で裁き、
死刑という形で殺す。戦争では殺せば殺しただけ英雄とされる。
殺人はいけない。しかしこれは論理では説明がつかない。
ただ、だめなものはだめというしかない。

野に咲くスミレは美しい。
なぜ美しいか論理では説明できない。でもそれは現実に美しい。

本当に大切なものは、論理や理屈では説明できぬもの。

武士道にも言及し、日本人ならではの文化、義理人情、道徳心などから、
ひとつの答えを見出すとする本。


あのねえ、まあ、間違いなく賛否両論あるだろうなと。
Amazonのレビューも読んでみたけど、はっはっは、
見事にこき下ろされとるねえ。

ただね、論理の限界を主張する著者を、
理屈で批判してどーすんの?って俺は思うけどね。

だって、正しいか誤っているかを判断すべき本じゃないもん。
喚起するのが目的だから、著者は。
だから極論を説いて、ユーモアをもって語ったはず。

・だめなものはだめ!

・国際人を育てたいなら、小学生に英語なんて教えず、
 まず国語を徹底して教えろ!

・英語ペラペラ内容ナシ人間は海外で黙ってて欲しい!

・日本は異常な国であれ!


なんかね、単純に痛快じゃないですか。

俺が興奮したのは、この人の話に賛成だとかそんな話じゃなく、
テレビでもニュースでも、例えばいじめ問題などデリケートな話題に、
誰もがお茶を濁すような、世間の顔色を伺うような発言しか
しなくなった今、

アカデミックな世界から、これだけ力強く極論を吐く人間が
出てきたことに心躍るってことです。


それと、カナダでの恩人にかつて、
「資本主義は全くの誤り。アメリカを見れば歴然。
 資本主義からの転換は絶対必要。」と言われ、
当時は納得できなかったけど、今その意味が少し理解できた気が
したことも大きい。

民主主義の欠陥を主張する著者に、
痛いとこつかれたなってのも大きい。。
(そーなんです。かのヒトラーも、民主主義から生まれたモンスター)


さっき概略で堅苦しく書いたけど、
内容はほんとに興味深いエピソードや例え話に溢れ、
単純に面白いから。

とにかく一度読んでみて欲しい本。

批判や論戦は完っ全に却下します。
勝手に読んで勝手に感じて勝手に判断せい!

/ブログランキングに一票/
スポンサーサイト
  1. 2006/11/23(木) 00:39:37|
  2. 気になる本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

コメント

アラレさん>
あら、どーもどーも、いらっしゃいませ。
やっぱり血液型ってのは傾向がありますよね。
って僕は人の血液型を当てるのがひじょーに苦手ですけど。。

AB型は僕もめちゃくちゃ気に入ってます。

こちらこそ覗かせてもらいます。ありがとー。

こーき>
出た!845点の男だ!!
うん、読んでみて。極論使いはおもろいぞ。
  1. 2006/11/26(日) 23:20:33 |
  2. URL |
  3. yoshi #-
  4. [ 編集]

お隣だったので・・・

初めまして、ブログランキングでお隣だったので思わず遊びに来てしまいました!ちなみに(人生いろいろ女も色々ブログ)です。
私もAB型
国家の品格も読んだばかりでした。
やはりAB型は似ているのでしょうか?
私はこの血液型が大変気に入っております。
又、時々お邪魔させて下さい。
  1. 2006/11/26(日) 23:15:33 |
  2. URL |
  3. アラレ #-
  4. [ 編集]

へー、おもしろそうな本ですね。
本屋で見かけた気もします。
買ってみようっと。
  1. 2006/11/25(土) 22:54:30 |
  2. URL |
  3. こーき #-
  4. [ 編集]

ほおー、やっぱり評判なんだね、この本。
200万部を突破したとかしないとか。すべーな、印税(笑)
結局は資本主義でも大勝したってことか!

逃げるもんじゃないから、ぜひ読んでみて。
おもしろいよ。
  1. 2006/11/25(土) 00:36:04 |
  2. URL |
  3. yoshi #-
  4. [ 編集]

賛成意見が多々あるので読んでみよーと思ったんだけど
図書館、4冊全部貸し出し中で、予約も7件入ってたよ。
こき下ろされててもみんな読みたい内容なんだね。

とりあえず予約しておいたので正月休みにでもゆっくり読みたい感じねー。


  1. 2006/11/24(金) 21:14:28 |
  2. URL |
  3. ocha #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snufkin78.blog77.fc2.com/tb.php/24-9be91181
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。